キャバクラのアフターはグループが基本

キャバクラのアフターとは、お仕事が終わった女の子とさらに一緒に過ごせるというシステムです。
完全サービスなのでキャバ嬢にはお給料は発生しません。お店の外のことなので何かあったとしても誰も助けてくれず、キャバ嬢にとってはリスクしかないことでもあります。そのため、中には「絶対にアフターはしない」と決めている子もいます。

また、中にはアフターに行けば肉体関係が築けると思っている方もいますが、それは妄想レベルに近いことです。キャバ嬢もホテルに連れ込まれる可能性を考えているので、もしアフターに行くとしても基本的にグループで行くことになります。
お客さんが二人ずつ、キャバ嬢が二人ずつというような感じです。こうして複数人でアフターすることでキャバ嬢たちは自分の身を守っているのです。
それだけアフターというものは警戒されているということですが、もし一対一でのアフターでオッケーをもらえたら、それはキャバ嬢からかなり信頼されているということになります。
勘違いしてはいけないのは、あくまで信頼されているというだけであって、恋愛感情があるとかそういうことではないということです。もし勘違いしてホテルを期待するようなことを仄かしたら次は無いと思いましょう。