近いうちに辞めるキャバ嬢の特徴

キャバ嬢はアルバイト感覚でやっている子も多いため、割と短い期間で辞めてしまうという子も少なくありません。
せっかく気に入ったキャバ嬢が辞めてしまうのは嫌ですが、彼女たちには彼女たちの人生があるのでお客である自分たちが何か言うことではありません。
ただ「事前に知っていれば別の良い子を探す、別のお店を探すのに」という方もいるでしょう。

退店することが分かったキャバ嬢は大体お客さんにもお店を辞めることを伝えてくれますが、中には突然いなくなってしまう子もいます。
例えば前は毎日のように出勤していたのに、最近は休みがちになっているような子です。理由もなく休みがちになっている子は仕事に対する意欲もなくなっています。
また既に退店が決まっていてお客さんをつなげておく必要もない、というような場合にも辞める予定日前に長期休暇をとっていることが多いです。

もしその子が別のお店に移転するのならできるだけお客さんを引っ張りたいと思っていますので、今のお客さんにも「○○に移転するよ!」と連絡をします。
そういう連絡もなく突然いなくなってしまった子はキャバ嬢自体を引退、もしくは全く別の土地で一からやり直したいと思っている子ですので、変に連絡を取らずに忘れましょう。