接待で遊びに行ったキャバクラ代は経費で落とせる?

キャバクラはプライベートで遊びに行くだけでなく、接待などの仕事としていくこともある場所です。
キャバクラ遊び自体が高額な遊びですが、接待になるとさらに得意先をもてなすために派手な遊び方をするので、一回のお会計が数十万いくなんてことは珍しくありませんし、場合によっては数百万までいってしまうということもあり得ます。

ではこうしたキャバクラ代は経費として落とせるかどうかですが、結論からいうと仕事関係で使ったことになり経費として認められるケースがほとんどです。
仕事上必要で行ったとなれば相手が取引先でなくても大丈夫です。
ただしキャバクラ遊びは金額が大きいので、税務調査などが入ると「誰と」「どういった目的で」「何の話をしたのか」などを詳しく聞かれます。
そのため、もしキャバクラを経費で落とすとするならば、その日の情報をしっかりと残しておくと安心です。