キャバ嬢との同伴とデートの違い

キャバ嬢の方から食事やショッピングに誘われると「プライベートなデートかも」と期待してしまうかもしれません。
しかしデートだと思って行ってみたら同伴だったということがほとんどです。同伴だと思わなかった
誘い文句が「デートしよう」でも注意が必要です。「同伴」という言葉を使うと断られるのがわかっているからあえてデートという言葉を使って誘う子もいます。
プライベートなデートか同伴かは事前にはっきりさせておくとトラブルになりにくいですよ。

キャバ嬢から「今度食事に行こう」「デートしよう」というように同伴かどうか判断がつかないような場合の誘い方をされた場合は、「出かけたあと出勤するの?」と聞いてみましょう。
その日が休みならば同伴ではないプライベートなデート、出勤日ならば同伴狙いの誘いの可能性が高いです。
お気に入りのキャバ嬢のためにもたまには同伴してあげるべきですが、同伴するつもりがない時まで無理に同伴する必要はありません。

もし同伴が疑われる誘いをされたときは、「同伴だったら今回は厳しいかも。」というようにはっきりと断ることも大切です。
断った後に「今度余裕があるときこっちから同伴に誘うね」と一言フォローがあればキャバ嬢へのダメージも少なくなります。