お酒がNGなキャバ嬢への対応

キャバ嬢はお酒をたくさん飲まなければならないお仕事のイメージがあると思います。
しかしお酒が全く飲めないというキャバ嬢もいます。昔はそんな子たちでも無理にお酒を飲んでいましたし、お酒が苦手というだけで採用すらされないということが珍しくありませんでしたが、最近では飲めない子でも働きやすいお店が増えています。そういう背景があり必然的にお酒が飲めないというキャバ嬢も増えてきているのです。
キャバ嬢はお酒を飲むのが仕事ではなく、お客さんを楽しませることが仕事という認識が広がってきているのも大きいでしょう。

客側としてこうしたお酒が飲めない子に対する対応としては、とにかく無理にお酒を飲ませないということが大切です。
お酒が飲めないという子に「少しだけ」とかいうのもやめましょう。その少しを何人も相手にしているとかなりの量になるからです。
キャバ嬢と一緒にお酒を飲んで楽しみたいという気持ちも分かりますが、キャバ嬢の健康が第一です。
またキャバ嬢もお客さんにお酒が飲めないことを隠して働いている子がいます。そういうときはお酒ではなくアルコール入りと見せかけたソフトドリンク(フェイクドリンク)を飲みます。
中には本当にお酒を飲んでいるのかを確かめたり、フェイクドリンクを飲んでいるのが分かると怒り出すお客さんもいますが、そういう行為はキャバ嬢に嫌われてしまいます。

お酒が飲めないというのが分かった時点でお酒以外の注文で稼げるようにサポートしてあげたり、飲んでいるのがフェイクドリンクと分かっていても気づいていない風を装うなどすると、キャバ嬢にも喜んでもらえます。