キャバクラで喧嘩するのはやめよう

キャバクラは女の子との会話を楽しんだり、お酒を飲んで楽しむ場です。そしてそのような場だからこそ気をつけたいのが「喧嘩」です。
怒りの矛先がキャバ嬢やボーイならば相手が耐えてくれるので喧嘩にまで発展することはありませんが、厄介なのがお客さん同士の喧嘩となります。
「客同士で喧嘩なんかしない」と思っている人ほど注意です。普段は我慢できることでもお酒が入っていると違います。

キャバクラで喧嘩をしてしまうお客さんは、正常な判断ができないほど泥酔してしまっている人です。
酔っ払って気が大きくなっている、キャバ嬢にカッコいいところを見せなくてはと思っていたりすると、些細なことでも大きな喧嘩に発展してしまうものなのです。
喧嘩が始まるとキャバ嬢は退散し、ボーイさんが仲介に入ります。そこで騒ぎが収まれば軽い注意程度で済まされますが、暴力沙汰になってしまったり店内のものを壊してしまったりと大きな喧嘩になってしまうと、警察沙汰や出禁にもなりますので注意しましょう。

そもそも喧嘩になってしまうと、原因は何であれ、キャバ嬢やスタッフからは「みっともないお客さんだなぁ」と思われてしまいます。
酔って失敗するという方は酔いすぎないようにお酒の量を調整して楽しむなど、できる対策をしておきましょう。