水回りリフォームについてのあれこれ

リフォーム諸経費の相場

どう決められているか

基本的な方程式は「商品価格プラス工事費用」です。
しかしその工事費用はそれぞれのグレードによって変動があります。

リフォーム場所がキッチンの場合はピンキリがあり、だいたいの工事は50万程度でおさまります。
グレードごとに上下しますが、MAXだと百万円単位になります。
食器洗浄機などを設置する際には配管工事が必要なのでそれで増える可能性もあります。

トイレの場合は基本的には20~40万程度ですが、便器の本体価格でまた変わっていきます。
ウォシュレットや暖房便座、ふたの自動開閉などのオプションを付け加えるとまたそこから金額が上がります。
このふたつに共通しているのはグレードやオプションによって金額が上がるケースが多いということですね。

予想より上がるケースも

続いてお風呂ですが、多いのは百万円前後のパターンですね。
ジェットバスにしたりLEDライトにしたりするのも当然お金がかかりますが、最近よくある古い浴槽を解体してユニットバスに変えるのはとんでもなくお金がかかり、百万円超えることもあります。
また、前のコラムでも書きましたが工事中はお風呂が利用出来ませんので、銭湯代も予算に入れるのもお忘れなく。

そして洗面所ですが、実はここが金額的に不安定な箇所になります。
ただ単に鏡を変えたりするだけなら20万円程度、タッチセンサーを付けるなどなら60万円ほどで済みますが、もし間口を広げるおつもりなら百万円近くになりますのでよくお考えください。

このように場合によってはグンと金額が上がるパターンもあるのでご注意です。


この記事をシェアする